FC2ブログ

あきいろのへや

登場人物が全て18歳以上のゲームを扱っています。

応援中!

SkyFish poco最新作『BunnyParadise ばにぱら~恋人全員バニー化計画~』を応援しています!! 「魔女こいにっき」応援中 アストラエアの白き永遠 応援中!! 『放課後の不適格者』を応援しています!

発売中

Sugar+Spice 応援バナー 姉さんに恋をして、姉さんも恋をして、姉さんと恋をした。 アステリズム 応援中! 「はつゆきさくら」応援CHU!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Brightia 感想

・Brightia
bri.jpg


2001年発売の調教ゲーですが、すでに現在でも使用されている調教システムが完成されていました。
多少の表示方法は違えど、要はどこにどんな責めを行って羞恥なり恥辱なり快楽なりで服従させればいい…のですが、調教のバリエーションを増やすことも重要ですから選択の幅もある程度必要で結局は作業的になりがち。

そう、私がこの手の作品で苦手に思うのがこの『作業的であること』なんですよね。

まずこのBrightiaは正常位・後背位・騎乗位をはじめとして様々なプレイがあり、それぞれのプレイで調教の段階によって反応が変わる。
シンプルでシーン回収も楽です。どのプレイを選べばどのステータスが上がるかもわかりやすく設定されています。それだけにストレスなくサクサク進む、キャラクターも天使に悪魔が捕らえられてしまった割には和気藹々としたところがあるので空気が軽い、萌え調教と言われることがあるそうですが、まさにその通りです。
ただ、軽めの作りであるがゆえに調教内容もそれほどハードではなくちょっと物足りないと思った次第で。

別の調教ゲーをあげてみましょう。

戦乙女ヴァルキリー2
2008年の作品でボリュームがある抜きゲーとして好評です。登場人物の濃さ・シーンのバリエーションはBrightiaの時代と比べ物にならないくらい進化が見られます。
しかし、バリエーションが増えたということでやることはかなり増えました。
その中でも、ルネソフトさんもといマリゴールド系列に顕著に見られるのがやたらと多い選択肢。

例を挙げると、とある一日の行動で…

奉仕させる→レイアを呼ぶ
頬擦りするんだ
かけて下さいと言え
口マ○コで掃除しろ
小さな姿でしてもらおうか
小さな口に欲しいか?
出撃する→アリーヤを連れて行く
レイアの部屋へ行く
チ○ポをしゃぶらせてやる
アリーヤの部屋に行く
嬲る→キスをする
キスを教え込んでやる
そろそろ入れてやる
中に出すぞ
このまま犯してやる
調教を続ける
嬲る→身体をまさぐる
たっぷり揉んでやる
そろそろ入れてやる
中に出すぞ
この辺にしておいてやる
調教を続ける
嬲る→肉棒を擦り付ける
オマ○コを弄ってやろう
そろそろ入れてやる
身体中で受け止めろ
もう一度味わわせてもらう

これはこの系列での独自仕様でもあるのですが、この選択を作中で毎日やるのはさすがに骨が折れました…。調教を切り上げるタイミングは人それぞれですからこのあたりの匙加減は難しいものですね。

でもってこの作業感を簡略化させようとしたのが、昨年発売したらぶらぼ
発売前にツイッターでスタッフさんが、調教にストレスを感じないような作りでってのを話していました。
いざゲームをやってみると、ビジュアルでの見やすさはあるけれども作業感は拭えませんでしたなぁ。(バグで未完成品を掴まされたことは今でも根に持ってますが)

Brightiaをやりながら思い出したのが、らぶらぼなんです。萌え+調教の傾向が共通していますし、システムも似たところがある。結局のところ一周してBrightiaのような作品に戻ってきているあたり、調教というジャンルにSLGを加えるということはこの形で落ち着いているのかな、と。
調教での堕ちる過程をエロゲで表現するには、何が適しているのでしょうか?ノベルで心理描写を行うか、ゲームパートで調教の進行度合いをシーンの快楽度として表現するのか。抜きゲーとして特化させるならば後者なのですが、私としては前者のヒロイン側の心理状態を知ることで一層背徳感が高まる=使えるんじゃないかと思うのです。
なんと言うか、使うためのエロゲでなく結果的に使えるエロゲをやりたいと思う今日この頃。
ガテン系みたいな。


…とりあえずBrightiaは調教ゲーの基本が揃っているので0.4kの元は十分取れました。

bri2.jpg

絵の古さはありますが綺麗です。一色ヒカルさんの声が初々しくてダリアの無表情なキャラとマッチしてるw
PLUSはプレミア付いてますがそのうち是非やりたいですよ。
OS非推奨のせいかもですが音量がおかしいのがネック。

シナリオ☆☆
えち☆☆☆☆
音楽☆☆
絵☆☆☆☆

78点(2001年時点では+7点できる内容でした。)

コメント

  • 04月 19 2013
    • 2013/04/19(金) 21:49:11
    • [ 編集 ]
    • URL
    • rex11i #-
また懐かしいゲームを…。システム的には派生元のちぇりーそふとのブラッドロイヤルから引き継いだものですが、確かに調教SLGはあんまり変わってない気がしますね。
難易度がゆるいのはネットを契約している割合がまだ低くて攻略とかヒントに触れられないユーザーが多かった時代だからかなとも思いますね。初めてやった調教SLGは無垢2でしたがあれもそんなに難しくなかった気が。
rex11i さんコメントありがとうございます。

> また懐かしいゲームを…。システム的には派生元のちぇりーそふとのブラッドロイヤルから引き継いだものですが、確かに調教SLGはあんまり変わってない気がしますね。

変わっていないというか、これ以外の方法も思いつきませんよね。
調教というシチュエーションは官能小説なりでも固まっているジャンルなだけに、発展が難しいという。

> 難易度がゆるいのはネットを契約している割合がまだ低くて攻略とかヒントに触れられないユーザーが多かった時代だからかなとも思いますね。初めてやった調教SLGは無垢2でしたがあれもそんなに難しくなかった気が。

昔の作品は難度が極端ですな。たまにどうやってクリアしたんだって作品もありますがw

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。