FC2ブログ

あきいろのへや

登場人物が全て18歳以上のゲームを扱っています。

応援中!

SkyFish poco最新作『BunnyParadise ばにぱら~恋人全員バニー化計画~』を応援しています!! 「魔女こいにっき」応援中 アストラエアの白き永遠 応援中!! 『放課後の不適格者』を応援しています!

発売中

Sugar+Spice 応援バナー 姉さんに恋をして、姉さんも恋をして、姉さんと恋をした。 アステリズム 応援中! 「はつゆきさくら」応援CHU!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 恋剣乙女

そういえばネタバレの注意書きなんかするの忘れてたなーと。
今回はあまりないかな?


恋剣乙女
公式はこちら

体験版の部分で公式との齟齬がありますが、私としては劣等感を抱えた主人公と努力家の安国茜が手を取り合う展開はまだ許容範囲でした。
エリートのSクラスで蔑まれるとかどんだけ天才が多いんだと思いつつ。というか、A・B・Cランクの生徒の描写がほぼないのでこいつら学内で相当の落ちこぼれなんじゃ?との錯覚すら覚えましたが。
問題はむしろそのあとで、選抜戦で茜&主人公の能力発動までが描写され、以降が製品版で続きます。
んでもって主人公の能力が明かされるわけですが、そこから周囲の手のひら返しにイライラ。こんなに簡単に割り切れるのでしょうか?

そのあたりから主人公が世界でただ一人の導力増幅の使い手として持ち上げられ、挙句にイヴの『子孫を残すパートナーとして相応しい』の一言で途端に争奪戦が始まります。
以降はいわゆる『キャラゲー』としてのイベントが続く。

公式やパッケージでの紹介→燃えるバトルもの
製品版→キャラ萌えオンリー

序盤で感じたイライラや妙に重いヒロインの家庭事情etcとの話のバランスがキャラゲーとしても危うい。
方向性を変更したものの、今度は半端な設定がテンポを崩してきてしまう。
とにもかくにもどっちつかずなんですよね。


・エロについて

4人×5回
純愛作品としては、CG含めてなかなかエロいです。
特に巨乳キャラは乳首が勃ちまくりですねーけしからんですよ。
ただ、モザイクの上にバーッと白濁乗せただけってのは違和感ありまくりでしたね、茜のフェラシーンは上から四角で白く塗りつぶしただけなのが残念…。

・音楽について

OPは良曲です。ゲーム内容とは異なりますが。

・CGについて

メインヒロインの立ち絵は綺麗。イベントCGはたまに違和感があるかも?しかし水準は高いですね。
エロに関しては前述の通り。

・システム周りについて

システム画面に懲りすぎたのがアダになっています。チカチカするアイコンや、装飾が過剰すぎて1ページに5つしかセーブを表示できないのは割と致命的。
フレームモードは要らなくないですかね?

総評

絵・導力設定・演出が良作へ結びつく可能性があっただけに、がっかり感が半端ないです。
公式で期待しすぎましたね…。
キャラゲーとして見ればたしかにメインヒロインとして頑張る茜、尽くしてくれる透子、健気な柚、強引でやりたい放題言いたい放題のイヴとみんなそれぞれ良さはある。けれどもこれ“だけ”を求めたわけじゃないってジレンマ。

そもそもが『コトナ』が完全に滅び、平和そのものであるこの世界において導力をただの競技にしか扱えないのがもったいなく思える。
主人公の導力が人と人との絆を反映させるものであるので、『コトナ』が存在する世界で力を合わせて生き残る方がしっくりくるかな、と想像してみたところでどうにもならないのですが…。
振り返ってみれば、この作品で一番役立たずなのは主人公ってオチ。

シナリオ☆☆
えち☆☆☆
音楽☆☆☆
絵☆☆☆☆

66
作品コンセプトがはっきりしない。

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。