FC2ブログ

あきいろのへや

登場人物が全て18歳以上のゲームを扱っています。

応援中!

SkyFish poco最新作『BunnyParadise ばにぱら~恋人全員バニー化計画~』を応援しています!! 「魔女こいにっき」応援中 アストラエアの白き永遠 応援中!! 『放課後の不適格者』を応援しています!

発売中

Sugar+Spice 応援バナー 姉さんに恋をして、姉さんも恋をして、姉さんと恋をした。 アステリズム 応援中! 「はつゆきさくら」応援CHU!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 放課後キッチン

・放課後キッチン
公式はこちら

全体的には普通なのですが、これはってとこがあったのでそこんとこについて。

キャラゲーにおいての幼なじみといえば、私が思い浮かべるのは甲斐甲斐しく世話を焼いてくれる従順タイプ。この作品でもそれが顕著で、いつも隣にいてくれる良妻ポジションな彼女との未来はもう決まっているように思える。
しかし、これは選択をすることができる恋愛ADVなわけで、当然のように他のヒロインを選ぶことも出来る。その選択をした際に、選ばれなかった彼女はどうするのか?この点はなかなかに面白かったです。

幼なじみの柚南は攻略ルート以外のどのルートでも振られ、独り泣き崩れることになります。
この様子があまりにも痛々しく、たまらずルート変更もしたくなるくらいで。

恋チョコでも振る描写があるものの、イライラしかないあちらとの違いは、やはり徹底して主人公とお互いのことを分かりあっている“幼なじみ”していること。素直にいい子だと思える。

シナリオに大きな影を落とさないまでも、チクリと胸の痛みを感じる。
他のヒロインルートでは柚南の分も幸せになるしかないという気分になり、柚南ルートでは選ばれなかった時の事を思い出すと今ある状況を素直に祝福できる。
この作品は紛れもない幼なじみゲーなのではと思えました。

ただ、私としてはそんな様子を知りながらも絶対に譲らない林檎(CV:サトウユキ)がツボでしたが。
主人公をそこまで想っていることを知っている林檎だからこそ、本気の度合いでは負けられない。勝気な性格がそのまま恋愛での強さになっていますね。

ハーレムゲーのぬるさも好きですが、こういった選ばれなかったヒロインのうしろめたい心情を想像するとまたオツなものです。


もう一つはサトウユキさんすげーっていうw
えへぇやひゃうぅぅぅぅぅとか一人だけジャンル違いますからwwwそれとテキストと発音が違うところはワザとでしょうかw
テキスト:とろっとろじゃない!
発音:とぅるっとぅるじゃない!
なんかもう爆笑してしまいました。


サブキャラにも笑わせていただきました。
みのりんは最初の印象が最悪だっただけにシスコンでヘタレへのキャラ崩壊具合がかなりクる。

シーンについて
料理を扱う話なだけに(?)女体盛りが数回ありました
とあるシーンで精子も白子も変わらないとの会話が出てなんとも言えない気分にwまぁそう言っちゃそうなんだけどやめれwww


総評
もう一度言いますがあくまで中身は平凡です。
メーカーさんの遺作となりましたが、2011年発売にしては主にビジュアル面で分が悪いですね…。シナリオ展開も突出したものは見出しにくいだけに、オススメは難しい。なんか惜しい。

シナリオ☆☆☆
えち☆
音楽☆☆☆
絵☆☆☆

72
お嬢様の為に鐘は鳴る共々、それなりには面白いで小さくまとまっちゃうのがもったいないですわ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。